プレスリリース

世界遺産の島・五島列島五島市は、市民や出身者等の投票により「五島市ブランド・メッセージロゴマーク」を決定しました。

リリース発行企業:五島市

情報提供:



長崎県五島市は、市民が考えた「五島市ブランド・メッセージ」を、より使いやすく身近なものにすることで、より多くの方々に五島市ブランド・メッセージを通したまちづくりに関わっていただくため、五島市ブランド・メッセージにふさわしいロゴマークを広く募集しました。
■募集期間 2018年11月15日~2019年1月4日
■応募総数 203点(うち市民からの応募88点)
<五島市ブランド・メッセージとは>http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/city_ad/index005_1_3.php

応募いただいた作品は、デザインが五島市ブランド・メッセージを簡明に表しているか、デザインの趣旨が五島市ブランド・メッセージが目指すものと一致しているかなどに着目し、市が採用候補作品を10点に絞りました。
五島市ブランド・メッセージロゴマーク候補作品10点
その後、五島市民や五島市出身者、五島市ファンなど五島市に関わる皆さまを対象に「五島市ブランド・メッセージ総選挙」を実施しました。
■投票期間 2019年1月21日~2019年2月20日
■投票方法 投票フォーム(ネット投票)、第25回五島椿まつりオープニングイベント会場に設置した投票ボード
■投票総数 1,160票
<五島市ブランド・メッセージロゴマーク総選挙>http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/city_ad/index005_1_6.php

【五島市ブランド・メッセージロゴマーク総選挙結果】




投票結果をふまえ五島市PR推進本部会議で協議し、最優秀賞(採用作品)1点、優秀賞2点を選出しました。

【採用作品(最優秀賞)】

・受賞者 株式会社アン・デザイン(神奈川県横浜市)
美しい星空、海の幸を引き揚げる漁船、岬など、五島市の魅力的なモチーフを凝縮しています。
「わたし」と島が溶け合うように一体となり、本来の自分に戻れる島の魅力をロゴの中に表現しました。


【優秀賞1】


・受賞者 小島春菜さん(東京都練馬区)
島に建つ、五島にちなんだ五角形の家で”わたしがわたしに還る”場所を表しました。
また、開いた玄関で誰にでも開かれていることを表現しました。
家には万華鏡をイメージして、五島の自然が育んだ「椿」「サンゴ」「クマノミ」「真珠貝」「双子水晶」、そして夜空に輝く星を映し出しました。


【優秀賞2】



・受賞者 株式会社アン・デザイン(神奈川県横浜市)
五島市の魅力を象徴するような5色を設定(赤:ツバキ、橙:灯台・教会の暖かな光、緑:豊かな自然、青:美しい海岸、紫:寺・城など歴史的な建造物)。
魅力的な要素がそれぞれ引き立て合い、美しい島へと形づくる五島のイメージを色とりどりのガラスでひとつの面を構成するステンドグラスのようなデザインで表現しています。


最優秀賞作品を、五島市ブランド・メッセージロゴマークとし、今後、市が制作するさまざまな媒体で使用します。
ロゴマークを応募してくださった皆さま、総選挙にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

【長崎県五島市プロフィール】

御岳山頂から望む玉之浦湾
長崎本土から約100km西に位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地であり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有する、注目度上昇中の地方自治体です。
観光客(年間約21万人)は増加傾向にあり、移住者も年々増加。テレビの露出も増えています。
・人口:36,971人(2019年2月末時点)
<五島市ホームページ>http://www.city.goto.nagasaki.jp/
渕ノ元カトリック墓碑群
【お問合せ】
五島市総務企画部情報推進課広聴広報班
電話:0959-72-6369(直通)
FAX:0959-74-1994(代表)

  • はてなブックマークに追加