見る・遊ぶ

長崎の世界遺産、軍艦島の「ガンショーくん」1歳を祝おう ゆるキャラ大集合

1歳になった軍艦島のガンショーくん

1歳になった軍艦島のガンショーくん

  •  

 長崎水辺の森公園・水の庭園エリアで「軍艦島のガンショーくん生誕1周年記念BIRTHDAY PARTY」が7月16日の海の日に開催される。

担当の佐藤さん

 ガンショーくんは長崎県の世界遺産、軍艦島のマスコットキャラクターとして、2017年7月12日に「現実世界に誕生」したゆるキャラ。軍艦島へのクルーズ船を運航する「軍艦島コンシェルジュ」と、「軍艦島デジタルミュージアム」が制作しており、ユーチューブでは誕生秘話のアニメを見ることができる。担当の佐藤義太郎さんは「最初は知名度がなかったので、さまざまなイベントに参加し、次第に知名度が上がってきた。特に子どもからは人気で、よく話し掛けられたり、一緒に写真を撮影したりしている」と話す。

[広告]

 今回のイベントは1歳を祝い、諫早市の「うないさん」、V・ファーレン長崎の「ヴィヴィくん」など、長崎のゆるキャラが駆け付けてお祝いをする。「ガンショーくんなりきりコンテスト」も開かれる予定。

 佐藤さんは「なりきりコンテストはガンショーくんがテーマであればどんなものでもOK。たとえ茶色のTシャツ一つでも本人がなり切っていただければ大丈夫。参加賞や優秀者には豪華景品を用意しているので、参加してほしい」と笑顔で話す。

 軍艦島上陸ツアーガイドの高橋佳子さんは「1年たって、ご存じというお客さまが増えていることを感じている。アンケートに『ガンショーくんかわいい』などと書かれていると、とてもうれしい。これからもっと知って、愛されるキャラクターなるよう応援していきたい」と、ほほ笑む。

 今年の7月5日にはオリジナルロールケーキ「ろっくんろーる」の売り上げの一部を長崎市に寄付するなど、地域にも貢献しているガンショーくん。佐藤さんは「もっと知っていただくためにイベントに呼ばれたら行くので呼んでほしい。今年は念願のゆるキャラグランプリにも出場する。もちろん優勝を目指しているので応援していただければ」と話す。

 開催時間は10時~11時。入場無料。雨天時は軍艦島デジタルミュージアムが会場になる。