新型コロナ関連▼長崎市新たな陽性患者数は3人。

暮らす・働く 学ぶ・知る

城山町・ボディーメークの優勝経験者がフィットネススタジオ 「共に『健幸』目指す伴走者」目指す

ライフテーラーとして活動するYukoさん

ライフテーラーとして活動するYukoさん

  • 23

  •  

 女性専用のメディカルフィットネススタジオ「LIFE STYLE CLUB」(長崎市城山町)がオープンして1カ月がたつ。

バーチャルレッスンを受けられる最新のデバイス

[広告]

 オーナーのYukoさんは長崎市出身。体の美しさを競うボディーメークの大会「サマースタイルアワード」で2017(平成29)年、東京大会優勝の経歴を持つ。生まれつき運動は苦手だったが、学生時代は恵まれた体格からスポーツが得意だと有望視され、つらい経験をしたこともあるという。高校卒業後に東京の大学に進学。卒業後は広告やコンサルティングなどの仕事に就き、いわゆる「バリキャリ女子」として活躍していた。

 転機が訪れたのは26歳の時。大病を患ったことで「がむしゃらに働くことが幸せにつながるわけではない」と気付き、「未病や予防を通じて人を助けたい」と思うようになったという。実績がないことからまずは自分自身がボディーメークに挑戦しようと決意し、わずか10カ月でサマースタイルアワードでの優勝を成し遂げたことから独立。2018(平成30)年にはフィットネススター日本大会でも準優勝に輝いた。

 独立後はトレーニングプログラムの監修やトレーナー育成、パーソナルトレーニング、企業研修などを通じて「心と体、そして人との交流、全てを融合した『健幸』」を目指した取り組みを行ってきた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けセミナーなどができない状況になったことに加え、身の回りで不幸な出来事が相次いだことから「このままでは人を助けることにつながらない」と感じていたという。

 今年4月、医療機関と連携することで「医学的エビデンスに基づいたグループレッスン」を行うことができるメディカルフィットネススタジオのオファーを受け、長崎市城山町にある複数の病院が入居するメディカルビルの一角にスタジオを構えることが決まった。

 「心と体の『健幸』の伴走者になりたい」という思いから「lifetailor(ライフテーラー)」を名乗るYukoさん。「例えばダイエットのために糖質を抜くようなやり方がもてはやされたりしたが、デメリットとしてリバウンドしやすい体質になったり、免疫力の低下につながることが医学的に分かっている。医師やスポーツドクターなどさまざまな専門家と連携し、総合的な情報を提供することで一人一人の現状、目標、感性に合わせた提案を行い、人生に寄り添い、自走できるように伴走することを目指している」と話す。

 「運動嫌いで不健康になった経験を生かし、苦しみながらダイエットに取り組んでいる人や、人生を良くしたいと思っているに寄り添えるサービスをつくりたい」と笑顔を見せるYukoさん。自分を知る「BE」、体を使う「DO」、つながり循環する「CYCLE」の3つのサービスコンセプトを基に、月額制のメニューとオプションのレッスンなどを組み合わせたサービスメニューを用意する。オンラインコミュニティーを通じて交流の場を設けるほか、トレーニングエリアにはバーチャルレッスンを受けられる最新のデバイスも用意。「準備されたメニューをこなすのではなく、健幸になるために自ら必要なメニューを選択できる場所をつくりたい」と意気込む。

 営業時間は10時~18時(木曜・土曜は14時まで)。日曜・祝日定休。料金は店舗来放題会員=3,300円、クラス受け放題会員=7,000円など。別途入会金が10,000円かかる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース