食べる

長崎に英会話教室併設カフェ「サニーバード」-夫婦で経営、子連れに配慮も

教室内で娘のひよりちゃんを抱く平朝子さん

教室内で娘のひよりちゃんを抱く平朝子さん

  • 0

  •  

 長崎に9月9日、英会話教室を併設するカフェ「SUNNY BIRD(サニーバード)」(長崎市三川町、TEL 095-848-0084)がオープンした。

厨房(ちゅうぼう)に立つ平浩太さん

 カフェを担当する平(たいら)浩太さん(31)と英会話教室を担当する朝子さん(31)の夫妻が運営する。広島で会社員をしていた浩太さんは、スポーツ医学を専攻して整形外科に勤めていた朝子さんと知り合い、2008年に浩太さんの故郷である長崎に戻って結婚。朝子さんは高校から大学と8年間の留学経験があり、浩太さんの両親が長崎市内で経営する学習塾で英会話の講師として働き始めた。浩太さん自身も塾で小中学生に数学を教えている。

[広告]

 「全く畑違いのスポーツ医学を専攻して整形外科に勤めていたので、留学経験があるとはいえ、まさか英語の先生になるとは思いもしなかった」と振り返る朝子さん。当初は自分が人に教えることができるのか不安だったという。しかし実際にやってみるとやりがいがあり、英会話講師は自分に合っていると感じるようになった。

 浩太さんは大学生のころ、居酒屋やホテルのカフェなどで飲食関係のアルバイト経験があり、いつか自分のカフェを持ちたいという夢があった。「バイトしていたとき、自分に向いているなと思っていた。いつか店を持ちたいと思っていたので、英会話教室と併設すればできるのでは」と朝子さんや両親と相談して実現した。

 店内は約4坪のカフェスペースに7席を用意し、約3坪の英会話教室と引き戸で隣接している。小さな子どもがいる人は、予約しておけば英会話教室がない時間帯には子どもを遊ばせるスペースとして無料で開放するという。「小さな子どもを持つ親子連れは、気軽に出入りできる店が限られる。(店名の)サニーバードは、天気がいい日に小鳥が集まるように子どもたちにフレンドリーな場所にしたいという思いを込めた」と話す浩太さん。浩太さんが塾の講師をする時間帯は、浩太さんの弟の研志朗さんがカフェを担当する。

 「カフェでおすすめなのはシェケラート。エスプレッソを冷たくして、一見すると黒ビールのような見た目。10月末までは200円で飲めるのでチャレンジしてほしい」と浩太さん。英会話教室は現在、土曜の9時~と10時~の小学生2クラスと、月曜17時~の幼稚園児の合計3クラス。「お母さんにはカフェでくつろいでもらいながら、将来的には未就園児とお母さんのクラスもやってみたい」と意気込む朝子さん。

 英会話教室は、入会金5,000円、月4回=5,000円。1回1,500円でも利用できる。カフェの営業時間は10時~20時。10月末まではサニーラテ=330円が200円、シェケラート=290円を200円で提供するほか、親子連れで小学生以下の子どもにはプチデザートを無料で提供する。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home