天気予報

33

27

みん経トピックス

歌う魔よけとゴスペルクラス長崎でSHIHOさんが講演

JR長崎駅かもめ広場でアイス万博「あいぱく」開催

  • 0
JR長崎駅かもめ広場でアイス万博「あいぱく」開催

「あいぱく」会場の風景

写真を拡大 地図を拡大

 JR長崎駅かもめ広場(長崎市尾上町)で5月20日~29日、アイスクリーム万博「あいぱく」が開催される。主催は長崎ターミナルビル。

記念撮影する来場者

 一般社団法人「日本アイスマニア協会」が日本のアイスクリームの素晴らしさを広めるため、おいしいアイスクリームを全国から100種類以上集めた博覧会として昨年5月、ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区)で初開催した。

 同協会にはアイスクリームに関する検定試験「アイスマニア検定」の合格者6000人以上が所属する。原宿会場ではアイスクリームやご当地アイスの販売のほか、生アイス専門店「GLACIEL」のシェフパティシエ・江森宏之さんのトークショーやワークショップ、市販のパッケージ展示などが行われ、5日間で約1万5000人が来場。昨年9月の鹿児島開催では、6日間で10万個ほどのアイスクリームを販売したという。

 長崎開催では過去最大規模の約125種類のアイスクリームを用意。開催初日には明治時代に創業した桔梗屋(山梨県笛吹市)の「桔梗信玄ソフト」(390円)に50人ほどの行列が常に続いた。そのほか、同協会とハーゲンダッツがコラボしたスペシャルサンデー(1,000円)、スマイルクリエート(広島県福山市)のアイスクリームフロート(500円)、口の中がインコ臭くなるという「とり見カフェ ぽこの森」(兵庫県神戸市)のインコアイス(350円、380円)やフタバ食品(栃木県宇都宮市)のレモン牛乳ソフト(140円)などが出店する。来場者らは気に入ったアイスのブースに並び、グループで少しずつ分け合ったり、スマホで写真を撮ったりして楽しんだ。

 会場入り口にある段ボール製の巨大アイスクリームと一緒に写真を撮り、インスタグラムでハッシュタグを付けて「アミュポス」と投稿した画面を、隣接するアミュプラザ長崎4階の特設会場で見せた人には、丸永製菓(福岡県久留米市)のミニアイスを進呈する(12時~、各日300人)ほか、無料でプリントする(12時~19時、22日まで)。

 長崎ターミナルビル営業部販売促進課の三宅理絵さんは「長崎では初開催だが各地でとても人気のイベント。特にアイス好きの女性に、ぜひ楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~20時(売り切れ次第終了)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ボランティアとして来たヨガの先生 山城賢治さんは被災者の為に避難所でヨガのクラスを始めた。生徒の多くは、住んでいた汚染地域を離れる様指示された農家の人々だった。彼はそれらの被災者達が戻って来た時に向日葵の花が彼らに希望を与える事を願って汚染地域に種を蒔く。"小さくシンプルなものの中に見つける美が生というものを違った側面から見る事を促してくれる事がある。(公式ホームページより)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング