長崎の自由参加型バンド「UCS」が本年度メンバー募集-8月ライブに向け

「UK CREATIVE SHAFT」のメンバー

「UK CREATIVE SHAFT」のメンバー

  •  
  •  

 長崎で活動するポップスバンド「UK CREATIVE SHAFT(略称UCS)」が本年度のメンバーを募集している。

 同バンドは主宰する橋口雄樹さんが2008年に結成。メンバーはセミプロから音楽の初心者まで幅広く、ライブごとにメンバーが入れ替わるというユニークな活動をしている。現在、20歳~37歳の男女15人が所属している。

[広告]

 橋口さんは中学3年のときにコーラス部に入部したことがきっかけで音楽の楽しみを覚えたという。2006年から作詞、作曲活動を開始。最初のバンド「LEAVES BEBOP」を立ち上げた後、2008年に現在の「UCS」を結成。LABOONの吉本啓倫さんやジャズピアニストの得田諭志さん、バイオリン奏者の河本洋平さん、ベース奏者の田川遊人さんなど長崎出身の音楽家と共にさまざまなイベントも手掛け、長崎市内で会社員として勤めながら、「UCS」の楽曲をはじめ、CM音楽、BGMなどジャンルを問わず幅広い音楽活動を行っている。

 「音楽は基本的にポップスが中心。自分自身が触れてきた『ハウス』や『ジャズ』『エレクトロ』などの雰囲気を生かしながら、メロディーを大事にした聴きやすい曲を意識して作曲している。初心者にも楽しく演奏活動をしてもらうために『身近で演奏者も観客も楽しめる楽曲づくり』を目指している」と橋口さんは話す。

 バンド名の「UK」は橋口さんの名前「雄樹(ゆうき)」に由来。昔からのニックネームで知人の多くが「ユーケー」と呼ぶ。「CREATIVE SHAFT」は「創造的な軸」という意味で、もともと自分自身のソロユニットという立ち位置で始めたバンドの軸を橋口さん自身が作り、メンバーがその枝葉となって大きな樹木に成長させるという思いを込める。2010年に開催したコラボレーションパーティー「Relation」では600人を集客。翌年には「長崎オクトーバーフェスト」に出演し、2012年からはソロライブを中心に活動している。

 今回募集するのは女性ボーカルや楽器を担当するメンバー。楽器はバンド楽器、弦楽器、管楽器など種類は問わない。メンバーによって曲をアレンジするため、どんなパートでも参加が可能だという。「今のメンバーは本当に個性派ぞろい。初心者からママさんボーカル、大学生と幅広い。就職などで数人が卒業したが夏のライブに向け新しいメンバーと一緒に頑張りたい。イベントの企画運営は全て自分たちで行っているため、演奏は苦手だが裏方専門で手伝うという人がいたら大歓迎する」と橋口さん。

 応募や質問はメール(ucsa.crew.2013@gmail.com)で受け付ける。詳しくはフェイスブックページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加