天気予報

27

19

みん経トピックス

行政書士が「龍馬の婚姻届」長崎駅でアイスクリーム万博

長崎のふんどし専門店が手作り羊毛グッズ「カステラねこ」

長崎のふんどし専門店が手作り羊毛グッズ「カステラねこ」

「カステラねこ」と、かのこさん

写真を拡大 地図を拡大

 ふんどしセレクトショップ「TeRAYA」(長崎市大浦町)が4月、羊毛フェルトグッズ「カステラねこ」を発売した。

ワインボトル風ケース入り

 店主の「かのこゆり」さんが2013年11月に開いた同店は、観光スポット「オランダ坂」から100メートルほどの場所にある。ふんどしのほか、土産品になる雑貨などを取り扱う。店名の「テラ」はラテン語で地球や大地を意味し、「大地に両足を着けたまま履くことができる下着はふんどしだけ」という言葉に感銘を受けて命名した。小文字の「e」は女性のかわいらしさを表現しているという。日本ふんどし協会(東京都文京区)は、同店を全国で唯一の「ふんどしセレクトショップ」として公認している。

 「カステラねこ」は、「Hacchi」のブランド名で展開する作家のMakiさんが羊毛フェルトで一体一体を手作りするため、完全に同じものを作ることはできない。同店のツイッターでその日の入荷を知らせると、「あっという間」に売り切れるという。

 かのこさんは「手作りなので大量に作れないが、それが世界で唯一の魅力というファンが多い」と話す。

 価格は2,800円(税別)。同店の営業時間は11時~18時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

高島炭鉱の歴史は1695(元禄8)年の石炭発見に始まり、幕末に佐賀藩やトーマス・グラバー、後藤象二郎など運営者が代わるが、岩崎弥太郎率いる三菱財閥に移ってから本格的な採炭が開始された。島内には弥太郎の像が設置されている
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング