見る・遊ぶ 学ぶ・知る

大浦町「変てこな本のセレクトショップ」で音楽作品楽しむイベント 語り合える場に

ボブ・ディランのレコードを手にイベントへの参加を呼び掛ける古屋桂子さん

ボブ・ディランのレコードを手にイベントへの参加を呼び掛ける古屋桂子さん

  •  
  •  

 長崎市大浦町にある「変てこな本のセレクトショップ」こと「Book with Sofa Butterfly Effect(ブック ウィズ ソファー バタフライ エフェクト)」で11月から、音楽にスポットを当てた深読み会が始まる。

 4月のオープン以来、定期的に本の深読み会などのイベントを行ってきた同店。「自分もそうだが、本好きな人は音楽や映画にも興味を持っていると感じていた」と話すオーナーの古屋桂子さんは、音楽の歌詞にも文学性を持つ作品が多くあることや、本が映画化されたり、それに伴って主題歌が作られたりすることから本と映画、音楽は関連性があるとして、新たな取り組みとして音楽を通した深読み会の開催を決めた。

[広告]

 11月は1日に「ルー・リード」、5日に「ボブ・ディラン」、12日に「ビートルズ」にそれぞれスポットを当て、2曲ずつ選んで深読みし、レコード鑑賞を行う。「テーマに選んだのは誰しもが1度は名前を聞いたことがあったり、飲食店のBGMで聞いたりしたことがあるアーティストながら、若い方は『どんなアーティストなのか知らない』というもの」と話す古屋さん。「文学作品もそうだが時代背景や世相などが反映されていることが多く、その時代を知らない若い世代にとっては読み解くことが難しいこともある」と言う。

 古屋さんの本好きが高じてオープンした同店には、古屋さんが「面白い」とセレクトした本ばかりが並び、本好きが集まって作家や本について語りながらコミュニケーションが取れるよう工夫を凝らしている。

 読書イベントでは、作品や作家が好きで愛読している人から「興味を持っているもののとっつきにくい」という人までさまざまな「本好き」が参加し、「今まで一人で楽しんでいたが、イベントを通じて同じ趣味の人と出会うことで新たな楽しみが生まれた」という参加者も現れるなど新たな交流が生まれていると手応えを感じている。

 これまでも知人の飲食店とコラボして復刻した「谷崎潤一郎が愛したケーキ」など作家や作品にちなんだスイーツを用意して楽しんでいたことから、古屋さんは「音楽イベントでもコラボ企画を考えている。文学も音楽もアカデミックではない教養。作品にまつわるスイーツなどとともに解説を交えて語り合うことで新たな魅力を見つけるきっかけにしてもらえれば」と笑顔を見せ、「イベントを通じて新たな出会いや発見が生まれ、店が面白おかしく語り合える空間になっていけばうれしい」と意気込みを見せる。

 開催時間は19時~21時。参加費は各1,200円。問い合わせは同店(TEL 080-5189-0191)まで。

  • はてなブックマークに追加