長崎大丸閉店まで残り100日切る-正面玄関にカウントダウンボード

長崎大丸正面玄関横の政どん銅像とカウントダウンボード

長崎大丸正面玄関横の政どん銅像とカウントダウンボード

  •  
  •  

 博多大丸長崎店(長崎大丸)(長崎市浜町)は7月31日の閉店から逆算して100日前にあたる4月23日、同店正面玄関に閉店カウントダウンボードを設置した。

 正面玄関に設置されている政どんブロンズ像の左側に、縦約51センチ、横約36センチの赤いボードに大きく数字を表示。正面玄関前を行き交う人からは「大丸閉店か…」とささやく声も聞かれる。

[広告]

 同店は今後、カウントダウンの数字の節目ごとに、いろいろな販促活動を予定。4月27日からは閉店セールに先駆けて「全館売り尽くしセール」を始める。同日から1万円で1万1000円分買い物ができる「長崎大丸プレミアム商品券」を1,000万円分販売。1人5万円まで購入できる。

 営業・業務管理部長の林田尚之さんは「カウントダウンボードの数字が減っていくのは寂しいが、閉店までしっかりお客さまに感謝を伝えていく」と力強く話す。

 営業時間は10時~19時30分(金曜・土曜は20時まで)。

  • はてなブックマークに追加