見る・遊ぶ

長崎でインバウンドトークライブ 講演やパネルディスカッション

JIFの中村理事長

JIFの中村理事長

  •  

 メルカつきまち(長崎市築町3)で6月20日、「長崎マーケティング・ラボ&インバウンド白熱トークライブin長崎」が行われる。主催は、日本インバウンド連合会(JIF)。

 観光庁が2016年に選定した「観光立国ショーケース3都市」に長崎市が選出されたことから、長崎市内では訪日外国人旅行者(インバウンド)向けのさまざまな取り組みを行っている。

[広告]

 長崎国際観光コンベンション協会では、「長崎市版DMOインバウンド戦略」を掲げる。「DMO」は、デスティネーション・マネジメント・オーガニゼーションの略で、観光資源に精通し地域と協同して観光まちづくりを行う法人を指す。

 同イベントの第一部では、「長崎マーケティング・ラボ」として、現在進められているDMO戦略について長崎国際観光コンベンション協会マーケティング企画戦略部統括部長の川崎雅史さんが「データから見た長崎観光の現状・課題」と題したプレゼンテーションを行う。

 第二部では「インバウンド白熱トークライブ」と題して、基調講演を行う。演題は、九州観光推進機構副本部長兼九州観光広報センター長の緒方保宜さんによる「九州インバウンド戦略~世界に開かれた九州実現に向けて~」、日本インバウンド連合会理事長の中村好明さんによる「観光立国革命~長崎のインバウンド戦略を考える~」。

 基調講演後は「長崎のインバウンド大作戦!」と題し、中村理事長をファシリテーターにパネルディスカッションを行う。パネリストは、長崎国際観光コンベンション協会DMO推進本部長兼事務局長の外園秀光さん、日本インバウンド連合会JIFメンバーズ副幹事長で地域ブランディング研究所社長の吉田博詞さん、D.M.P LABO社長で長崎大学特別講師の柿田紀子さん、tenso執行役員の浜田祐輔さん。

 開催時間は、第一部=14時30分~15時30分、第二部=15時45分~18時。入場無料。問い合わせは日本インバウンド連合会(TEL:03-3516-2372)まで。