学ぶ・知る

長崎・法妙寺で日本のアシュタンガヨガ第一人者招きワークショップ

「LOTUS BLOOM YOGA studio」代表の岡西康子さん

「LOTUS BLOOM YOGA studio」代表の岡西康子さん

  •  

 長崎の法妙寺(西彼杵郡長与町斉藤郷)で8月11日と12日、日本のアシュタンガヨガの第一人者、更科有哉さんを招き、ヨガのワークショップ「サラシナユウヤ INTO THE MIND TOUR 2018 in 長崎」が開催される。

アシュタンガヨガのポーズ順序

 イベントを主催する、ヨガインストラクターの岡西康子さんは長崎市時津町で「LOTUS BLOOM YOGA studio(ロータスブルームヨガスタジオ)」を運営し、ハタヨガやアシュタンガヨガのクラスを開催している。

[広告]

 岡西さんは「ヨガは哲学。瞑想(めいそう)のように体を動かさないものもヨガだし、よく知られているポーズを取るものもヨガ」と話す。動きがあるものは「ハタヨガ」。「ハ」が太陽、「タ」が月を意味するという。「その中でもマスターしていくポーズの順番、呼吸の回数、見る場所などが決まっているシステマティックなヨガの一種がアシュタンガヨガ」と話す。

 岡西さんは9歳よりクラシックバレエ、後にジャズダンス、日本舞踊を学ぶ。ミュージカルに興味を持ち活水女子短期大学音楽科に入学。卒業した後、東京のフィットネスクラブでスポーツインストラクターの仕事に従事。家庭の事情で長崎に戻り、エアロビクスなどのフリーインストラクターとなる。

 今後ヨガが求められる世の中になると感じ、ヨガを学び始め、「良い先生を探して、東京やニューヨークで人づてに探していたが、なかなか見つからなかった」という。その時期に東京のケン・ハラクマさんと出会い、2005年に単身インドのマイソールへ。アシュタンガヨガの総本山「KPJAYI」で1カ月半学んだという。その際に後のアシュタンガヨガのトップランナーである吉川めいさんに出会い、その後もインドに行き続け、更科有哉さんとも出会った。

 更科さんは自著も出版するほか、ファッション誌やテレビ番組「情熱大陸」にも取り上げられるなど、日本のアシュタンガヨガの第一線で活躍する。

 岡西さんは「ヨガは自分に向き合い、ベストを尽くしていくもの。今日はもう嫌だなぁと思っても戻ってくる魅力がある。出合った時に、年を取ってもずっとこれで大丈夫と確信した」と話す。

 「ケン・ハラクマさんや吉川めいさんも長崎に来てワークショップをしている。更科さんのイベントも長崎で2009年から開催していて今回8回目となる。更科さんから『長崎に行くのでよろしく』と言われてイベントの準備をする、もう、いろいろと大変」と、笑顔で裏話も打ち明ける。

 今回の会場となる法妙寺は岡西さんの母方の実家。寺でヨガをしたいと行った際、快諾してくれたという。岡西さんは「今回も初心者から楽しめるコースを準備したので、ヨガを始めたばかりという人もぜひ参加してほしい」と話す。

 参加費は1クラス5,000円(当日5,500円)から。定員は1クラス50人。問い合わせはホームページまで。