天気予報

27

23

みん経トピックス

長崎で明治期の軍艦島を再現長崎で寸劇ボランティア募集

長崎のコワーキングスペース「ツナグバサンカク」が1周年-「野望の聖地」の声も

  • 0
長崎のコワーキングスペース「ツナグバサンカク」が1周年-「野望の聖地」の声も

1周年記念パーティーの「バースデーケーキ」に扮する川嵜さん

写真を拡大 地図を拡大

 長崎市内のコワーキングスペース「ツナグバサンカク」(長崎市上町)が4月8日で開設1周年を迎えた。

100均探検隊で「おすすめグッズ」を紹介する参加者

 コワーキングスペースとは、主に独立して働く人のために提供されるオープンなオフィス環境のこと。一般的な個別のオフィスと違い、利用者が相互に交流できる点に特徴がある。無線LANが自由に使え、会社員が仕事の途中で立ち寄って仕事をしたり、貸し切りでミーティングを開いたりできる。同所は日中にコワーキングスペースとして提供するほか、夜間や週末はセミナーやイベントの会場として活用する。同所の前身である「サンカクスタジオ」での開催分も含め、セミナーやイベント開催は昨年1年間だけで221回に達する。

 同所代表で職業訓練講師の金子マモルさんは、「ツナグバには『人と人をつなぐ場』『努力を成果につなぐ場』『夢を現実につなぐ場』という意味がある。自分たちが『こういう場所があったらいいな』と思う交流の場を作りたかった。ここに来れば脳が活性化して創造力がかきたてられ、前向きで楽しい人と出会え、さらに元気が湧いてくる。そんな場所をこれからも提供していきたい」と話す。文具好きで知られる金子さんは文具朝活「文房具プラザカネコ」「王様に文具をすすめる会」を主催した実績を持つ。「以前は文具大名や文具王子というありがたい肩書きを名乗っていたが、王子と名乗るには歳を取り過ぎて厚かましいし、大名には威厳がなさ過ぎる。玉子ぐらいでちょうどいい」という理由で「文具玉子」と名乗っている。

 同所では4月12日、有志が集まり「ツナグバ1周年記念パーティー」を開催。前半で「100均探検隊」「食べ物探検隊」と称し、各自が100円ショップなどで発見した面白いグッズなどを発表した。パーティー本番では運営メンバーで経営コンサルタントの川嵜昌子さんが頭に1本のキャンドルを立てた「バースデーケーキ」に扮(ふん)して登場すると会場は一瞬にして笑いに包まれた。

 川嵜さんが主催する「火星にピザ屋を出す会」は同所の人気イベントの一つ。「火星にピザ屋を出すくらいの野望をみんなで語り合えば、大きな野望の一つくらい現実になる。自分は実際にそれを目の当たりにしてきた」と振り返る。大学を卒業して就いた仕事は、急成長、急拡大していくビジネスの現場だったという。日本が「失われた10年」と呼ばれていた1990年代から2000年代にあっても右肩上がりでさまざまな人の野望や夢が目の前で次々に現実になっていった。

 自身も経営者向けの雑誌の編集長を長年務め、コンサルタントとして手腕を発揮して億単位の仕事を手掛けてきた。所属した会社も店頭公開、東証一部上場と「野望」を実現していったという。川嵜さんが仕事で関わった企業には「サンマルク」「ガリバー」「牛角」「北前そば高田屋」「まいどおおきに食堂」などがある。「地方の小さな会社が急成長していく様子を見るのはエキサイティングだったが、長崎に帰ってきてあまりのギャップに言葉を失った。日本、特に地方には見方さえ変えれば今でもチャンスがあふれていることをもっと知ってもらいたい」と話す。

 「私が大学で講義を担当している学生が見ている『現実』というものがあまりにも狭く、『可能性』に対する見方が小さ過ぎる。安定志向で小さくなり過ぎていることに危機感を覚える」という川嵜さん。その原因は学生自身というより、長引く低迷状態で周囲の大人たちが夢を持てなくなったことが起因しているという。「人間には想像できないほどの可能性や能力が秘められている。心に描き信じたことがやがて現実となる日が必ず来る。最近は参加者から『野望の聖地』と呼ばれているが、『火星ピザ』を通じて『野望の感染者』を少しでも増やしていきたい」とも。川嵜さんは5月25日に開催するセミナー「心の中の貧乏神を追い出す講座~お金のコンプレックスを解消しよう」で講師を務める。

 同所では毎月第1水曜の早朝に「目標シェア朝活」を開催。5月21日にはビジネス紙「日経ビジネス」の坂巻副編集長を同所に招いてのイベントも予定する。「7月の『火星ピザ』は変身願望がテーマ。もっときれいになりたい女性や女装に興味がある男性は、ぜひ参加して」と川嵜さんは呼び掛ける。

 同所の営業時間は平日10時~21時。セミナーやイベントの開催日は18時(または19時)まで。利用料金は入会金500円。2時間利用=500円(1日利用=1,000円)。長期割引も用意する。

 セミナーやイベントの情報はホームページで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

コミュニケーションスペースでは、ワークショップなどの利用も想定する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング