プレスリリース

五島アンバサダーを募集、GOTOISTとして市が公式認定『五島を愛しすぎてしまった人をWANTED!その愛、形にします。』

リリース発行企業:五島市

情報提供:

長崎県五島市は、五島を愛しすぎてやまない人たちを世の中から発掘し公式認定をする委員会(五島を愛しすぎてしまった人たち認定委員会、以下委員会)を立ち上げ、市職員、住民とともに五島の魅力を広げるアンバサダー“GOTOIST(ゴトイスト)”の募集を、本日9月4日より開始いたします。





五島市は、2018年7月、世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有し、美しい自然と古代からの歴史に満ちた伝統と文化がある五島の魅力を、より広く市内外の人たちに知ってほしいと考え、本プロジェクトを発足しました。五島の文化、自然、人、食、生活など様々な魅力を愛してやまない人たちを対象にGOTOISTとして、五島市が公式認定をするプロジェクトです。

本日より51.0日かけて、「コバルトブルーの海を撮らせたら日本一」「私こそが五島うどんの名店博士!」「教会巡りが趣味でオリジナル地図を持っている」「椿オイルを使って20年、3時間は語れます!」といった五島に関わることに愛をお持ちの人を募集します。審査に合格した人たちを対象に2018年11月初旬「GOTOIST認定式」を開催し、公式アンバサダーに就任していただきます。

さらに、今後、GOTOISTを中心としたコミュニティプラットフォーム「そうだ!GOTOISTに聞いてみよう!(以下、サイト)」を開設します。サイトでは、GOTOIST推薦の五島のめぐり方や楽しみ方、めぐる先の五島住民の仕事や生活などの情報の発信等、五島のリアルな魅力を伝えてまいります。
募集概要・応募フォームは、下記の通りです。

周りの人から五島にハマりすぎていない?こんなに五島のこと好きな人いないよ!と言われた人など、私たちはあなたのことを求めています。自薦、他薦問わず周りに該当する人がいましたら、まずはご応募ください。

【GOTOIST募集要項】
<応募フォーム>
http://bit.ly/2MExOjj
※ ご登録いただく情報:1.氏名、2.性別、3.電話番号、4.メールアドレス、5.住所(都道府県)、6.生年月日、 7.五島を知ったきっかけ、8.なぜ五島をそんなに愛しているのか、9.五島に関わりのある、他の人にはない知識や特技、10.お持ちのSNSツールおよびアカウント
※ 「タレコミ求む!」…この人こそ真のGOTOISTだというタレコミもお待ちしております。応募フォームもしくはTwitterやInstagramにて「#GOTOIST」と入れて発信していただければ、委員会が発掘いたします。

<スケジュール>
募集期間: 2018年9月4日(火)~10月24日(水)まで
選考結果: 2018年10月末 ※選考通過者には委員会よりご連絡します。
認定式:   2018年11月中旬を予定
※上記スケジュールは全て予定となります。実際の日程とは異なる可能性がございますので、ご了承下さい。

<応募資格>
・ 五島に対して愛を持っていること
・ 五島市が行うPR活動全般にご協力いただけること(SNSツールなどでご自身の写真や氏名が公開されることにご了承いただける人)
・ 18歳以上の人
・ 日本語が理解できる人

<こんな人を募集>
・ 五島に関わりのある、他では真似できない知識や特技などがある人
・ 五島列島に行ったことがある、住んだことがある、五島の関係者が友人・知人にいる人
・ 五島の魅力を周りに伝えたいという思いがある人、あるいは伝える活動をしている人 など


<GOTOISTについて>





●五島アンバサダー” GOTOIST”プロジェクト開始に寄せて:長崎県五島市長 野口 市太郎
五島市は、五島愛に溢れる多くの方が五島の魅力を伝えるアンバサダー “GOTOIST”に応募してくださることを心よりお待ちしております。GOTOISTの方々と連携して五島市の魅力を発信することが、これまで以上に多くの方に五島に関する情報に触れてもらう機会の創出に繋がり、そしてまだ見ぬ五島の魅力を体感していただくきっかけとなると確信しています。
五島市は、『五島を愛しすぎてしまった人たち認定委員会』の活動を歓迎し、GOTOISTと共に五島市の魅力発信を強化してまいります。

<五島を愛しすぎてしまった人たち認定委員会について>
本委員会「五島を愛しすぎてしまった人たち認定委員会」は五島市、若手広報担当者の会の共催で企画・運営しています。

■長崎県五島市について
五島市は、長崎市の西約100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島で構成されています。人口は約37,298人(平成30年7月末現在)。2017年4月~2018年3月の一年間で129人が移住。いまも移住者が増え続けています。さらに移住者を呼び込むきっかけを作りたいと考えていたところ、2018年2月に、五島市の魅力を伝えるアイデアソンを若手広報担当者の会と共催したことをきっかけに、本プロジェクトに至りました。

■若手広報担当者の会について
「若手広報担当者の会」(通称「若担会(わかたんかい)」)は、さまざまな企業、団体の若手広報担当者が業種の枠を超えて参加し、運営している任意団体です。現在、約100 社、100 名が在籍しており、広報パーソンとしのスキルアップ、活きた情報の収集、会員相互間およびマスコミ関係者との人的ネットワーク形成を目的として、広報業務に関する勉強会を中心に活動しています。詳しくは、http://www.wakatan.jp/ をご覧ください。

■お問合せ
五島を愛しすぎてしまった人たち認定委員会
(五島市役所地域振興部地域協働課移住定住促進班)
〒853-8501長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-76-3070(直通)
FAX:0959-74-1994(代表)
メールアドレス:gotoist_pr@googlegroups.com