プレスリリース

世界遺産の島・五島列島五島市は、市民が考えた「五島市ブランド・メッセージ」のロゴマークを公募します。

リリース発行企業:五島市

情報提供:

市民が考えた五島市がいま持っている魅力を生かし今後どうありたいかを表す「五島市ブランド・メッセージ」を、より使いやすく身近なものにすることで、より多くの方々に五島市ブランド・メッセージを通したまちづくりに関わっていただくため、五島市ブランド・メッセージにふさわしいロゴマークを広く募集します。



【五島市ブランド・メッセージとは】
UターンやIターンの有志グループ「ディープキャラバン隊」のメンバーで、1年間にわたり研修や会議を重ねて考えた、五島市がいま持っている魅力を生かし「今後どうありたいか」を表す言葉です。
このメッセージに共感してもらえる人にこそ、五島市に来訪し、定住してほしいという想いも込められています。
このブランド・メッセージに沿うようなまちづくりを実現するため、市民が楽しく暮らせるような助成制度や規制緩和の実施、新たに開業する事業主に対する支援、商店街の活性化事業や市民主導のイベント企画などに紐づけて、五島市をさらに魅力的におもしろくしていきます。

【五島市ブランド・メッセージ】
わたしがわたしに還る島
今日も海は果てしなく広い。夜空を見上げれば、星がキレイ。
隣の漁師さんからもらった魚が美味しい。
ああ、極上。
魂の解放、こころの再生。
あたりまえの日々の中で、わたしは“人間”に戻る。
ここは都会のような“便利さ”も“サービス”も“娯楽”もないけれど、
わたしがわたしでいられる、お金では買えない暮らし。
自分を見つめ直し、可能性と向き合い、表現できる場所。
島は私を映し出す万華鏡。
<五島市ブランド・メッセージができるまで> https://bit.ly/2zTA54W
高浜海水浴場


【ロゴマークの使用用途】
(1)五島市の広報媒体で使用
・広報ごとうに掲載
・市勢要覧に掲載
・五島市公式ホームページまるごとうに掲載
・五島市公式Facebookに掲載
・五島市イメージキャラクターつばきねこInstagramに掲載
・ポスターやパンフレット、チラシに印刷
(2)記者会見等で飾るバックパネルのデザインの一部として使用

(3)イベントグッズに使用
(4)市民や五島市に関わる企業・団体等の広報媒体などで使用





【募集要項、応募様式】
・五島市ブランド・メッセージロゴマーク募集要項(PDF形式)
https://prtimes.jp/a/?f=d32871-20181113-3397.pdf
・五島市ブランド・メッセージロゴマーク応募用紙(PDF形式)
https://prtimes.jp/a/?f=d32871-20181113-2119.pdf

【賞品】
・最優秀賞(採用作品)1点/五島市特産品の通販サイト「MiGOTO」で使えるクーポン券 50,000円相当
・優秀賞2点/五島市特産品の通販サイト「MiGOTO」で使えるクーポン券 10,000相当
<五島市特産品の通販サイト MiGOTO> http://mi-goto.shop-pro.jp/


【受賞作品の発表】
五島市の広報誌「広報ごとう」及び自主制作番組「ごとうチャンネル」、五島市公式ホームページまるごとう、五島市公式Facebook「五島市役所」で発表するとともに、受賞者には直接連絡します。また、採用者の氏名・団体名は公開させていただきますことをご了承のうえ、お申込みください。

【応募先・お問合せ】
五島市役所 総務企画部情報推進課広聴広報班
〒853-8501 長崎県五島市福江町1番1号
電話:0959-72-6369(直通)
ファックス:0959-74-1994(代表)
メールアドレス:gotoweb@city.goto.nagasaki.jp
鬼岳
【長崎県五島市のプロフィール】
長崎本土から約100km西に位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。
美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地であり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有する、注目度上昇中の地方自治体です。
観光客(年間約21万人)は増加傾向にあり、移住者も年々増加。テレビの露出も増えています。
・人口:37,207人(2018年9月末時点)
・アクセス:東京から最短3時間。福岡・長崎から、飛行機・船の直行便あり。
・五島市HPまるごとう http://www.city.goto.nagasaki.jp/

渕ノ元カトリック墓碑群