天気予報

27

19

みん経トピックス

長崎浜屋「竹久夢二展」福島&チェルノブイリ写真展

長崎版「新語・流行語大賞」は、KISS MY NAGASAKI 

長崎版「新語・流行語大賞」は、KISS MY NAGASAKI 

大賞を揮毫する寵瑛さん

写真を拡大 地図を拡大

 長崎の情報サイト「ながさーち」編集部が募集した2016「新語・流行語大賞」長崎市版は、KISS MY NAGASAKIに決定した。

キスマイトレイン(特急かもめ)

 選考には長崎在住の若者らが運営する「社会人ネットワーク」「長崎都市・景観研究所(null)」と長崎県内の大学生で作るNPO法人「Sloppers」のメンバーで構成した選考委員が「ノミネートワード10案」を選定。その中から一般公募により「KISS MY NAGASAKI」が大賞に選ばれた。

 KISS MY NAGASAKIは、男性アイドルグループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」とJR九州、長崎県とのコラボ企画を指す。来年3月までの期間限定(予定)で特別列車「キスマイエクスプレス」「キスマイエクスプレス2」「キスマイライナー」などを運行したり、博多駅、長崎駅、佐世保駅の3カ所に同グループの巨大フォトパネルを設置したりする。メンバー7人それぞれが、「軍艦島」「九十九島」「波佐見焼」「小浜温泉」などの名所や名物を紹介するCMも放送されており「圧倒的な得票数。投票するファンの情熱が大賞につながったのだろう」と主催する「ながさーち編集部」は話す。

 来年1月1日12時からJR長崎駅(長崎市尾上町)かもめ広場で「書き初めパフォーマンス」を行う長崎市在住の書家・寵瑛(ちょうえい)さんは、大賞決定を知った知人から「元日にJR長崎駅で書き初めするのだから、大賞受賞を祝って揮毫(きごう)したらどうか」と提案され、アルファベットを筆文字で大書した。

 今年10月、自身が手掛けた清酒「島楽(しまらく)」の題字が、2年に1度開催される「第18回・日本デザイン書道大賞」(主催=日本デザイン書道作家協会)で大賞に輝いた寵瑛さん。2000年に開催された第10回大会での大賞授賞を最後に、16年間にわたり大賞受賞者の不在が続いていた。寵瑛さんは長崎県内としても初の大賞受賞者となる。

 寵瑛さんは「家族をはじめ、多くの人たちの支えで受賞できた。私の書が誰かの笑顔につながればうれしい」とほほ笑む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

高島炭鉱の歴史は1695(元禄8)年の石炭発見に始まり、幕末に佐賀藩やトーマス・グラバー、後藤象二郎など運営者が代わるが、岩崎弥太郎率いる三菱財閥に移ってから本格的な採炭が開始された。島内には弥太郎の像が設置されている
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング